夏コミお疲れさまでした!
今年の夏コミはめちゃくちゃ暑かったですね・・。
僕もブースの設営が終わった後、東館の知り合いのサークルさんに挨拶周りに行ったんですが・・
開館前の状態だったのにそれだけでブースでグロッキーになるくらいでした。
ブースまで来ていただいた方々、暑い中ほんとうにありがとうございました。

さて、本日夏コミの新作、「茸娘の苗床催眠」の発売を開始しました。
もう一本の「怪しい団体とスパイのオナニーサポート」は9月20日(水曜の夜0時)発売開始で登録しています!
そちらもどうぞよろしくお願いいたします。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
「茸娘の苗床催眠」
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

茸娘の苗床催眠

イラストはdoskoinpo様、CVは大山チロル様にご協力いただきました。

夏が舞台の内容です。
ただ、以前にも書きましたが台本を書いたのは12月の冬真っ盛りの時でした。
夏コミ作品は冬に作って、冬コミ作品は現在夏真っ盛りで書いてるのでいつも季節は逆転してる気がします。。

さて、今回の舞台はおっかなびっくり肝試をしていた男の子が怪しいお姉さんに森の奥の一軒家まで連れられて行きます。
導入が肝試しとはいえ、怖いお化けや幽霊なんかのホラー要素は全く登場しないのでその点はご心配なく。

怪しいお姉さんは男の子を家に誘い込むとお茶を入れてもてなしてくれます。
するといつの間にか、頭がボーっとして・・気づいたらおちんちんが茸になってました。
あらすじはそんな感じです。

真面目に書いたらものすごくシュールですね。
こういう思い付きの時ほどスラスラとノリノリで書けてしまうのが辛いところです。
9月に後日談の短編が発売する、スパイとかマインドセッションの本編を書いている時もちょうどこんなノリと勢いで作ったので、あれが自分にとってのボーナスタイムだと思うことにします。

あらすじはシュールですが、自作品の中でも内容はかなりハードかもしれません。
心理学要素も結構盛り込んで、自分で選択して苗床に堕ちていく流れにしてみました。
どういうことかはぜひ本編を聞いて楽しんでくださいませ

栄養を吸い取られるだけのモノになりたい願望の方にはとても楽しんで貰えるかと思っております。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
内容
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

その森は古くから帰らずの森と呼ばれていた。
森の奥深くまで入った者が行方不明になることが過去幾度となくあったからだ。
通信手段が発達するに伴って、遭難救助という形で助かることが多くなったが、
---それでも毎年この森に入った者の多くが行方不明になっている

そういう恐ろしい森の噂・・
そう、それは僕らにとっては、いつしか絶好の肝試しスポットになっていた。
そして、ある夏の夜、数人の友達とともに森の奥にある大木に名前を書いたシールを貼って帰ってくる。
---そんな遊びを始めたのだった。

もしもーし。
あ、気がついたようだねー。
こんな夜遅くにどうしたの?

ん?肝試し?へー、こんな所まで来るなんて、君は勇気あるんだね。
それで疲れちゃってちょっと眠っちゃったわけだ。ふふ。
でも、いくら夏とは言ってもこんな場所で寝てると風邪ひいちゃうよ?
お姉さんのお家であったかいお茶でも飲んで、休んでいきなさい。

招かれた森の奥の一軒家。
こんな場所に、なぜ人が住んでいるのだろうか?

「私のこと、人間・・だと思っちゃった?」

おちんちんに寄生した胞子は、体中に根付いた菌糸から栄養を吸い上げ、射精とともに完全に君を乗っ取る。
うふふ、ちゃあんと育ててあげるね。
そう、君はお姉さんの子を育てる苗床になるの。
そのおちんちん、もう君のモノじゃないんだよ?

苗床なるってどういうことか、分かっているよね?
人としての体、人としての心、それを全て奪われて、栄養を捧げ続ける。
胞子を植え付けられたら、もう戻れないんだよ?
そんな尊厳を失うようなことをされて感じちゃう、それって馬鹿げてるよね?

ああ--そう。
ヒトに戻れなくなっても--良いんだ?

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
You Tube動画
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・



-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
販売ページはこちら
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

Dlsiteさんの販売ページはこちら

FANZAさんの販売ページはこちら